インプラントの病気

byoki.gifンプラントは人口の歯だから、入れてしまったら病気にはならないと思われている方もいるようです。

しかし、残念ながら、インプラントも天然歯と同様に、雑な歯磨きで歯周病と同じ病気になってしまうのです。






インプラント周囲粘膜炎からインプラント周囲炎へ

     nenmakusyuuien.gif
         インプラント周囲粘膜炎
炎症は歯ぐきのみ。炎症が顎の骨にまで達さないうちに処置をしないとインプラントを使い続けられなくなります。

インプラントの周りにプラークが溜まると、フィクスチャー(チタン製の人工歯根)とがっちり結合していた顎の骨が、プラークの中にいた細菌によって炎症を起こします。

最初は、歯ぐきが腫れている程度のもので、これを「インプラント周囲粘膜炎」と呼びます。また、「インプラント周囲粘膜炎」の段階で処置をすれば、顎の骨にまでダメージを与えずに、ちょうど歯肉炎と同じ症状の段階で止めることができます。

 

    syuuien.gif
          インプラント周囲炎
炎症が進行して上部構造とアバットメントの周りにプラークと歯石が溜まっている状態。すでに顎の骨が解けてきています。

しかし、炎症を放置して、顎の骨が溶けはじめると、症状はやがて「インプラント周囲炎」にまで進んでしまいます。これは炎症がインプラントの周辺の骨の中にまでまわってしまい、骨髄炎と同じ状態になります。これがさらに進行すると、やがて骨が溶けてなくなってしまいます。

骨が溶けると、歯周病で天然歯がぐらぐらして抜けてしまうのと同様にインプラントを支えていた骨がぐらぐらして、ついにはインプラントが抜けてしまうのです。

しかも、「インプラント周囲炎」の場合は、天然歯の歯周病に比べて骨がだめになってしまうスピードが10倍〜20倍ほど早いという特徴があります。天然歯の場合、歯と顎の間に歯根膜があり、細菌が骨を溶かす毒素を出しても歯根膜がブロックしてくれますが、インプラントの場合、インプラントと骨ががっちりと結合しているために、インプラントの周りに細菌が繁殖した場合、細菌がダイレクトに骨に入り込んでしまいます。


 

 

インプラントが病気になる原因と対処法

 

 

   pmtc007.jpg

インプラントを入れた後も、適切なブラッシングを行って、定期的なお口のチェックとプロのケアを受けていれば、インプラントは長持ちし、天然歯との差を感じないほどの快適さを提供してくれます。

とはいえ、インプラントも病気になります。前述したインプラント周囲粘膜炎も、インプラント周囲炎も、原因は天然歯の歯周炎と同じく、歯磨き不足です。歯の周りについた細菌が起こす炎症が大切な歯をそれが天然歯であれ、インプラントであれ、ダメにしてしまいます。

もとはと言えば、普段からもっと丁寧に正しい歯磨きをしていれば、天然歯を失うこともなかったのかもしれません。しかし、結果的に天然歯を失ってしまい、インプラントが入った後でも、インプラントを入れる前と同様の雑な歯磨きを続けて、定期的なお口の健康チェックやお掃除等のメインテナンスを受けないでいると、インプラントの周りにはたちまち汚れが溜まり、やがて腫れてきます。

 

       ilm17_cb01001-s.jpg

そうなったときには、天然歯を失うよりももっと速いスピードでインプラントを支えていた骨がダメになってしまいます。

骨のなくなり方も、部分的になくなるというものではなく、インプラントを支えていた周りの骨がカップのような形で失われてしまうため、その後の治療選択肢も狭まってしまいます。

インプラントに違和感を感じたり、血が出たりなど、異変を感じることがあったらすでにトラブルの兆候です。そうしたときは、放置しないですぐに歯科医院に行き、軽度のうちに治療を始めることが大事です。

仮にインプラントに異変を感じた場合、症状がまだインプラント周囲粘膜炎の段階であれば、歯磨きとプロフェッショナルクリーニングで汚れを除去して、炎症を止められることがほとんどです。

これが、中程度まで進んでしまうと、クリーニングによって炎症を軽くするのと同時に歯ぐきの切開を行って奥深くに隠れた汚れも取る手術が必要になります。

mutans-special003.jpg最悪、インプラントがグラグラしてきた場合は、残念ながら改善を望むことは難しくなります。その場合は、インプラントを除去して炎症を抑えて、失った骨を補うための骨再生治療を行い、骨が増えるのを待ち、再埋入することになりますが、症例によっては再埋入が困難な場合もあります。