インプラントの周りの歯茎が腫れるインプラント失敗の原因

インプラントの周りの歯茎が腫れる原因は、歯茎に近い表層部のインプラントが固定(癒着)した骨が吸収(溶ける)して、そこが感染することによって起こります。

多くの場合には、噛合せの関係でインプラントに不適切な噛合せの力が掛った場合に骨の吸収が起こることが多いのですが、最近多く行われるようになってきた抜歯した直後にインプラントを埋め込む即時インプラントなどでも、このような状態になる場合があります。

即時インプラントは歯を抜いた後の骨の治りを予測してインプラントを埋め込みますので、予測がうまくいかないと、インプラントの一部に骨の癒着が起こらないこともあるからです。

また従来のインプラントは、骨の中のインプラントがしっかり骨と固定(癒着)するまで待ってから、被せ物などを制作して、インプラントに噛合せの力を掛けていましたが、最近では、インプラントを埋め込んですぐ噛めるようにする、 即時機能インプラントというものも行われるようになってきました。

この方法でも、噛み合わせの調整がうまく行われないと、骨の一部がインプラントと固定(癒着)しない場合があります。