患者さんの声

インプラント失敗で来院された患者さんの中で、特にご承諾いただいた方々の感想をご紹介しています。 

杉並区在住 広田さん

前歯の差し歯の歯茎が腫れてしまい、近所の歯科医院を受診したところ、根が割れているので、抜歯しないといけないと言われ、簡単な説明で、抜歯した後はインプラントにしましょう、ということになりました。

抜歯して、そのままインプラントを埋め込み、インプラントが骨に固定されるまで3ヶ月待った後に、被せ物を入れたのですが、インプラントのネジの部分の一部が歯茎から出ているので、その部分を隠すために、入れ歯の歯茎のような赤いプラスチックが付いた差し歯になって しまいました。

それだけなら、まだ噛めると思って我慢出来たのですが、骨に固定されて、動かないはずのインプラントの被せ物が、揺れてしまって痛くて噛めないのです。担当の先生に尋ねても、このインプラントは、もって4年程度かな?などと、ちょっと困った顔ではぐらかされてしまいました。

さすがにこれはおかしいと思い、いろいろ探してセカンドオピニオンを求めて天野歯科医院を受診しました。

そこで、レントゲンとCTスキャンを撮ってみたところ、実はインプラントを埋め込んだ骨が大変薄く、インプラントの一部しか骨に埋め込まれていないことがわかりました。また、骨に固定されるために3ヶ月待ったにも関わらず、実はインプラントが全く骨に固定されていないこともわかりました。

天野先生の話では、通常、インプラントの処置前には、CTスキャンなどを撮って、骨の状態を確認してから、埋め込み手術を行なうのが普通で、いきなりインプラントの手術をすると失敗する可能性が高いということでした。

また、抜歯直後にインプラントの埋め込み手術をする方法もあるが、骨の状態が良い場合に限られる、とのことでした。

結局、両脇の歯がすでに差し歯だったので、天野歯科医院で、インプラントを抜いて、3本のブリッジをつくりました。綺麗で揺れもないブリッジが出来ましたので、とても満足していますが、これなら、最初からインプラントではなく、ブリッジにしていればと、今更ながら、後悔しています。

千葉県松戸市在住 小高さん

長い間、上顎の両側の奥歯が入れ歯だったのですが、あまり調子が良くなく、ある歯科医院で薦められて、思い切って、両側の奥歯をインプラントにしました。

治療も順調に終わり、結構噛めたので、これで入れ歯から解放されると喜んだのですが、数か月すると、インプラントの被せ物が揺れ始めて、取れてしまいました。

驚いて、その歯科医院に行くと、 すぐに付け治してくれたのですが、しばらくすると、また被せ物が揺れ始めてしまいました。

再度、インプラントを入れた歯科医院へ行くと、今度は噛み合わせを削ったり、被せ物の中を削ったりして、だいぶ時間を掛けて調整して、付け治してくれました。

ところが、それでも、しばらくすると被せ物が取れてしまったので、さすがに今度はどうしたものかと考えて、いろいろ調べて、天野歯科医院へ受診しました。

天野歯科の診断では、口の中を少しずつ治している間に、全体の噛み合せが低くなってしまい、その状態で、インプラントを行ったので、インプラントの部分に過度の力が掛かるような噛み合せになってしまっていて、インプラントの被せ物を付け直しても、すぐに取れてしまう構造になっている。 とのことでした。

そして、インプラントをすることになった奥歯が、抜歯になったのも、入れ歯の調子が悪かったのも、元々は、奥歯に噛み合せの過度な力が掛かっていたのが原因の可能性が高い。 とのことで、言われてみると思い当たることが多く、今まで奥歯の治療を色々行ってきたのに、うまくいかなかったわけが理解できました。

運のよく、骨に埋め込んだインプラントは、まだ使える状態だったので、インプラントの被せ物だけではなく、他の被せ物もすべてやり直して、噛み合せを全体的に高くすることにしました。

結果は、驚くほど噛み合せが良くなり、とても快適に食事も出来るようになりました。もちろん、いつも外れていたインプラントの被せ物もまったく揺れなくなり、それだけではなく、噛み合せが上がったのが原因なのか、いつも悩まされていた肩こりも良くなりました。