インプラント失敗の原因

implant-picture-08.jpgインプラントの失敗は、患者さんの日々の歯ブラシの頻度や、骨の状態など、患者さん側に原因がある場合もありますが、インプラントの失敗の多くは、事前の診断、埋め込み手術、インプラントの位置設計など根本的な問題が原因になっている場合が多々あります。

インプラントが骨に固定しないインプラント失敗の原因

インプラントが、骨に固定(癒着) しないほとんどの原因は、インプラントを埋める骨の状態と手術時点での技術や衛生状態の問題がほとんどです。

 

詳しい内容はこちらをご覧ください。

インプラントの周りの歯茎が腫れるインプラント失敗の原因

インプラントの周りの歯茎が腫れる原因は、歯茎に近い表層部のインプラントが固定(癒着)した骨が吸収(溶ける)して、そこが感染することによって起こります。

 

詳しい内容はこちらをご覧ください。

インプラントのネジが歯茎から出てしまうインプラント失敗の原因

インプラントのネジが歯茎から出てしまう原因は、骨が十分に無い部分にインプラントを埋め込んだ場合や、薄い骨の部分にインプラントを埋め込んだ時、薄い骨が、インプラント手術の影響で溶けて(吸収して)しまうことなどにより起こります。

 

詳しい内容はこちらをご覧ください。

インプラントの被せ物が外れてしまうことによるインプラント失敗の原因

インプラントの被せ物が頻繁に外れてしまうのは、土台になるインプラントにも多少の問題があることがありますが、多くの場合、噛み合わせの関係で、インプラントの被せ物に不適切な噛む力が加わるような歯の位置設計をしている場合に起こります。

 

詳しい内容はこちらをご覧ください。

インプラントの被せ物がうまく噛めないことによるインプラント失敗の原因

インプラントの被せ物が、うまく噛めない原因は、多くの場合、インプラントの埋め込み位置の問題と全体の噛合せの問題により起こります。

 

詳しい内容はこちらをご覧ください。